「めなり」の効果・評判・口コミのまとめと管理人の体験レポート

もくじ
  1. めなりの口コミまとめ
  2. めなりは効果なし!?
  3. めなりの成分と原材料
  4. めなりに含まれる成分の効果
  5. めなりの副作用や安全性は大丈夫?
  6. めなりの飲み方について
  7. めなりはどこで買える?
  8. 管理人の「めなり」体験レポート

めなりの口コミまとめ

めなりを飲んでいる人に聞いてみました。

デスクワークで1日中パソコン作業をしているので目の疲れがハンパじゃなかったんです。帰宅するときには目がしょぼしょぼして対向車のヘッドライトがすごく眩しくて、このままじゃ危険だと思い、いろいろと検索した結果、めなりにたどり着きました。購入の決め手となったのは93.9%という高いリピート率です。9割以上の人が継続して購入しているならきっと良いモノなんだろうと思ったからです。3ヶ月ほど継続して飲んでいますが、明らかに目の疲れが軽減しています。夜間の運転にも不安がなくなりました。

毎日ちゃんと寝ているのに、目の奥が重くて疲れが取れなくて困っています。これまで色々なブルーベリーのサプリを試してきました。ブルーベリーよりもビルベリーのほうがアントシアニンの量や吸収率が優れているというのは知っていましたが、めなりはビルベリーの中でもさらに優れたものを使っているというので期待を込めて飲み始めました。効果は2~3日で実感できましたよ。目の奥の重さがとてもスッキリしました。

仕事でパソコンを使っていて、スマホも一日中見ているからブルーライトカットのメガネを使っていますが、眼科の先生に聞いたみると意味ないらしいですね。PC作業やスマホを長時間見ている環境が良くないらしいけど仕事なのでどうしようもなく…だからサプリメントに頼ることにしました。アントシアニンやルテインの必要量が簡単に採れて毎日快適です。

口コミでは圧倒的に満足している方が多いということ。

効果を実感する期間は人それぞれですが、継続して続けている人が多いこともわかりました。

でも、その一方で効果を実感できないという口コミもありました。

めなりは効果なし!?

めなりを飲んでも効果が出なかった!そんな口コミもあったので調べてみると…即効性を求めている人ばかりでした…

サプリメントなので、いくらなんでも1~2週間で効果が出るわけありません。

めなりには15日間の返金保証がありますが、この15日間というのは、あくまでも飲み合わせや自分の適合を調べる期間と考えたほうがいいですよ。効果を実感したいなら3ヶ月は飲み続けないとわからないです。

また、早く効果を実感したいなら1日2粒→6粒に増やして飲んでみるといいですよ。めなりの上限が1日あたり6粒だからです。

めなりの成分と原材料

サプリメントを購入するとき、効果も気にしていますけど、成分と原材料は特に気にするようにしてます。

口に入れるものですからね。どんな成分が入っているのか、その成分はどんなモノなのか、かなり真剣に調べます。

めなりは原材料と成分がしっかりホームページにもサプリメントの袋にも書いてあるので安心です。

まずは成分を見てみましょう。

めなりの成分

ビルベリーエキス170mg
ルテイン12mg
ゼアキサンチン2.4mg
アスタキサンチン1mg
クロセチン0.68mg
ビタミンB21.6mg
ビタミンB61.4mg
ビタミンB120.0024mg
ビタミンC2mg

めなりの原材料

めなりの原材料はすべて国産です。口に入れるものですから国産だと安心感がありますよね。

  • ビルベリーエキス
  • 食用油脂
  • 酵母(亜鉛含有)
  • 酵母(銅含有)
  • カシスエキス/ゼラチン
  • 植物レシチン
  • グリセリン
  • マリーゴールド色素
  • ビタミンE
  • ヘマトコッカス藻色素
  • ミツロウ
  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • クチナシ色素
  • ビタミンB12

めなりに含まれる成分の効果

続いて、めなりに含まれる成分が眼精疲労をどのように改善してくれるのか、見ていきましょう。

眼精疲労改善に有効と言われる成分は「アントシアニン」「ルテイン」「ゼアキサンチン」の3つです。

他にも有効とされている成分はありますが、主にこの3つが柱となっていて、あとは「その他有効成分」ぐらいでしかありません。

だから、まずは3本柱の「アントシアニン」「ルテイン」「ゼアキサンチン」について知り、それをサポートする成分として、その他の成分を見てみてください。

もくじ
  1. アントシアニン
  2. ルテイン
  3. ゼアキサンチン
  4. アスタキサンチン
  5. クロセチン

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーなどのベリー類に多く含まれるポリフェノールの一種で、植物が紫外線から実を守るための成分です。

ブルーベリーが目に良いというのは一般的に知られていますよね。それはこのアントシアニンの効能によるところが大きくて、植物が紫外線から身を守るのと同じ様に、紫外線やブルーライトによる光ダメージから守ってくれます

ちょっと難しい話になってしまいますが、付いてきてくださいね。

紫外線やブルーライトなどの光の刺激を防いでくれるモノが、網膜にあるロドプシンです。

ロドプシンは、光の刺激を防ぐと同時に分解し、またすぐに再合成して光の刺激を防いでくれます。

つまり、ロドプシンが分解と再合成を延々と繰り返すことで、光の刺激を防いでくれるんです。

ところが、この分解・再合成がPC作業やスマホ、ストレスなどによって働きが弱くなってしまいます。そうすると、光ダメージが蓄積されていって、目が疲れたり、目の奥が痛かったり、目が重くなっていきます。

アントシアニンはロドプシンの栄養ドリンク。再合成をサポートする働きをします。

ブルーベリーが目に良いと言われるのは、ロドプシンの再合成をサポートするアントシアニンの働きがあるからです。

多くのサプリメントはブルーベリーからアントシアニンを抽出していますが、実は、ブルーベリーよりも多くアントシアニンが含まれている植物があるんです。それはビルベリーというブルーベリーの原種ともいえる北欧産のベリーです。

めなりは、このビルベリーに着目し、もっとアントシアニンが抽出できるように研究を重ねた結果、ブルーベリーの6倍のアントシアニンを含有するビルベリーエキスを抽出できるようになりました。この配合量はサプリメントの中でもトップクラスです。

▼ビルベリー配合量の比較
めなり170mg
えんきん20mg
ドクターズチョイス50mg

ルテイン

ルテインは緑黄色野菜や果物に含まれる色素・カロテノイドの一種で強い抗酸化作用を持っています。

目の網膜の黄班などにあり、網膜を保護したり、加齢にともなう目の病気を防いでくれます。

現代の眼精疲労は、パソコンやスマホのブルーライトが原因であることが多く、ルテインはブルーライトを吸収して目を守ってくれる大切な役割を果たしています。

ところが、私たちの目は昔とは比べものにならないくらいブルーライトを浴びています。

また加齢にともなってルテインは減少してしまいます。

だから、早い人では20代半ばからマッサージや睡眠では回復できないくらい眼精疲労に悩まされるようになってしまったんです。

眼精疲労を改善するためには、今まで以上にルテインを補ってあげなければなりません。

厚生労働省によるとルテインの推奨摂取量は1日6~10mgです。これを食品から摂ろうとするとほうれん草では100gも必要です。

▼1日に必要なルテインの量(ほうれん草100g)

これはさすがに厳しいですよね。1日ならともかく毎日となると…

めなりは1日分(2粒)で12mgのルテインを摂取することができます。しかもマリーゴールドから精製した上質な天然ルテインです。

ルテインサプリには「天然ルテイン」と「合成ルテイン」があります。

天然ルテインは文字通り天然成分で作られているもの。
合成ルテインは石油化合物で作られているもの。

天然ルテインのほうが安全で副作用もありません。

▼ルテイン配合量の比較
めなり12mg
えんきん10mg
ドクターズチョイス40mg

ゼアキサンチン

ゼアキサンは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種(抗酸化物質)で、目の中の黄斑と呼ばれる部分にあります。

ルテインとゼアキサンチンは目の黄斑部に必ずセットで存在します。

アメリカの国立眼科研究所が行なった研究結果では、ルテインの効果を発揮するためにゼアキサンチンを一緒に摂取することを強く推奨しています。

その推奨摂取量は、ルテイン10mgに対しゼアキサンチン2mgです。

めなりは、この5:1という黄金比率で作られているため、最も効果の高い比率で摂取することができます。

▼ルテイン:ゼアキサンチン比率の比較
めなり5:1
えんきん不明
ドクターズチョイス8:1

アスタキサンチン

アスタキサンチンはサケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種で非常に強い抗酸化作用を持っています。

▼アスタキサンチンの抗酸化力
ビタミンC約6,000倍
コエンザイムQ10約800倍
ビタミンE約500倍
βカロテン約40倍

この抗酸化作用が眼精疲労にどう効くのかというと、目の筋肉の疲労を軽減してくれます

▼ブルーライトによる眼精疲労
  • 網膜や黄斑に直接的にダメージを与える
  • 画面の細かなチラツキに合わせて絶えずピント調節を繰り返すことで目の筋肉を酷使する

アスタキサンチンは後者のピント調節機能を改善してくれるんです。

実際に富山医科薬科大学で行われた実験では、アスタキサンチン5mgを1ヶ月摂取したところピント調節力の改善が認められました。

藤田保健衛生大学で行われた実験では、アスタキサンチンの摂取量が多いほど、調節にかかる時間が短いことがわかりました。

めなりには1日あたり1mgのアスタキサンチンが含まれています。ピント調節力の改善に期待が持てますね。

▼アスタキサンチン配合量の比較
めなり1mg
えんきん4mg
ドクターズチョイスなし

クロセチン

クロセチンはクチナシの花にわずかに含まれているカロテノイドで、眼精疲労を改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に効果的な成分です。

アスタキサンチンと一緒に摂ると、お互いのチカラを引き出して眼精疲労を改善する効果がより強まります。

また、ルテインと一緒に摂ると抗酸化力がパワーアップするという性質も持っています。

めなりはルテインのパワーを高めるためにクロセチン+アスタキサンチンの最強とも言える組み合わせをサポート成分として配合しているんです。

めなりの副作用や安全性は大丈夫?

いくら良い成分がたくさん入っていても、副作用は気になりますよね。

まず、基本的にサプリメントに副作用はありません。
あくまでも食品なので、食事と代わりありません。

ただ、サプリに使われている原料に問題がある場合、副作用の危険性はあります。

ルテインサプリの場合は、石油合成物で作られた合成ルテインを使っているものは要注意。目のかゆみ、喘息、胸やけなどの副作用が報告されています。

めなりは天然ルテインなので大丈夫。

また、過剰摂取も気になるところですが、めなりは問題ありません。

ルテインの上限は「体重×2mg」ですが、めなりは1日あたり12mgなので、むしろ推奨摂取量の適正値。適切に飲んでいればまったく問題ありません。

安全性も高く、すべての原料を国内で製造している純国産品。しかも厚生労働省の基準をクリアした工場であるGMP取得工場で製造されています。

薬との飲み合わせ

薬を飲んでいる人は飲み合わせが気になるところだと思います。

これもサプリは基本的に食品なので問題ありません。

ただし、高脂血症薬や抗肥満薬の中には、ルテインなどの吸収効率を低下させるものがあるので、30分から1時間ほどの時間をあけて摂ったほうがよいです。

めなりの飲み方について

めなりは1日2粒飲みます。

医薬品ではなく健康食品なので、飲む時間が決まっているわけではありません。

ですが、「摂取にもっとも適したタイミング」があります。

それは、胃腸の働きが活発になり、食べ物や飲み物と一緒にルテインを摂ることで消化され、体に吸収されやすくなりやすい時間・・・答えは「食前・食後の30分以内」です。

この時間にルテインを摂取すると、なんでもない時間に摂取するよりぐっと効果が上がります。

また、早く効き目を実感したい方は、1日6粒を上限として飲むと良いですよ。

上でも書きましたが、ルテインの上限値は「体重×2mg」。
50kgの人なら100mgまで大丈夫ってことです。

めなりは1粒あたり6mgのルテインが含まれているので6粒でも36mg程度ですが、一緒に配合されているβカロテンの上限が3,000μgとされていて、めなり6粒が上限だからです。

めなりはどこで買える?

めなりはドラッグストアには売っていません。

公式サイト、amazon、楽天で購入できます。インターネット通販でしか購入できないということですね。

amazon・楽天よりも公式サイトで購入したほうがおトクなのでおすすめです。

公式サイトがおトクな理由とは?

それは初回価格と返金保証があるからです。

初回価格は通常3,980円のところ907円。しかも送料無料です。
そして、この初回特別価格キャンペーンは15日間の返金保証が付いています。

どんなに良いサプリでも相性ってありますよね。飲んでみないとわからない部分もあるし。

「めなりを試してみたけどやっぱり合わなかった。」そんなとき、初回特別価格キャンペーンなら、たとえ袋を開けてサプリを飲んでしまったとしても、返品・返金に応じてくれます。

初回特別価格、返金保証は公式サイトから購入した場合だけです。

購入の前に注意!公式サイトは定期購入

初回特別価格キャンペーンで購入する場合、注意してほしいのが「定期購入」ということ。

毎月購入する手間が省けるし買い忘れも防止できるので、めなりを続ける場合には大変ありがたい定期購入ですが、「ちょっとヤダな…」って人もいるはず。

気づかないで購入すると「知らないうちに定期購入になってた!」なんて不信感の原因にも。

公式サイトから購入すると自動的に定期購入になりますが、「最低○ヶ月購入」なんていう縛りはありませんし、電話1本でいつでも解約できます。

また、定期購入にはメリットもありますよ。

購入する手間、買い忘れ防止もメリットですが、毎月25%OFFの2,980円で購入できます。1,000円も割引ですから、これは大きいですよね。

眼精疲労を改善するためには最低でも3ヶ月は飲み続けないといけない。だったらおトクな定期購入を利用して、効果が実感できなかったら辞めればいいだけですからね。

公式サイトで購入する

管理人の「めなり」体験レポート

効果が出るまでめなりを飲み続けたので、その体験レポートです。

ワタシの疲れ目度合いについて

ワタシはパソコンとにらめっこするのがお仕事です。勤務時間の90%はパソコン作業をしています。

仕事以外の時間ではスマホを見てる時間も長いです。往復の電車の中や家でゆっくりしてる時間はネット、アプリ、動画ばかり。

30代半ばまでは「今日は目が疲れた~」と感じても、蒸気でホットアイマスクして眠れば翌日には治っていたんですが、残念なことにアラフォーとなった今では目の疲労感がどんどん蓄積されている感じがします。

目がかすむところから始まり、すぐにしょぼしょぼ、目の奥が痛い、肩こりや首のこりがひどい、頭痛も慢性的になりつつありました。吐き気を感じたときはさすがにヤバイんじゃないかと思い始めました。

そこからルテインサプリを探し求めて今に至るわけですが、相当いろいろなサプリを試してきたなかで、めなりはもっとも眼精疲労の改善を実感できたサプリです。

めなりを飲んでみた感想

画像を見てもらえばわかると思いますが、1粒が意外と大きいです。

でも他のサプリも同じような大きさなので問題はないと思います。ネイチャーメイドのマルチビタミンのほうがよっぽど大きくて飲みにくいです。

匂いも味もほとんどありません。

これはめなりに限ったことではなく、アイケアサプリに共通して言えます。他の種類のサプリ、例えばDHAとかだと素材の匂いや味がすることがありますが、アイケアサプリはそういったことはありません。

ブルーベリーが苦手な人でも大丈夫です。

あと、ダイエット中の方はカロリーを気にするかもしれませんが、めなりは1日あたり4.897kcalしかないので、気にするレベルではないです。

めなりを飲んでみて感じた効果

飲み始めて2週間ほど、最初に実感したのは充血がほとんどなくなっていたこと、頭痛が治まったことです。

ロキソニンが手放せなくなっていて、忘れたり無いと不安でしたが、めなりを飲み始めて1ヶ月半ぐらい経ったときにはロキソニンを飲まない日のほうが増えてきました。

めなりを飲む以前、他のサプリを何種類か飲んでいましたが、こんなに早く効き目を実感できたことがなかったので心が踊りました(笑)

3ヶ月ほど飲み続けていると明らかに目の調子が良くなり、長時間パソコンやスマホをしても目の奥が痛くなることがなくなりました。

4ヶ月目には一日中仕事をしていても全く疲れを感じないほど。目の力は30代前半くらいに戻った感じです。

サプリは続けることが前提なのでコストを気にしなければなりませんが、1日あたり107円でサプリメントとしては平均的なお値段です。

ただ、ワタシが実感した効果や原料がすべて国産であることを考えるとコストパフォーマンスはとても高く、眼精疲労に悩んでいる人にはおすすめです。

公式サイトで購入する

このページの先頭へ